足跡。

社会人の目線から思うこと・学ぶこと。

シンプルに生きること。

きっと敏感な人は更新する記事から気づいていることと思いますが、

近頃の私は落ち込み気味。

 

脳内で様々な思考がぐるぐるとめぐります。

そのたびに「これは違う」「この考え方は納得しない」などと

自己否定の連鎖に陥ってしまうことも…

 

自分でも認める頑固さゆえなのだろう。。。

 

 

私の人生をかけた大きな夢の一つに

スウェーデンに移住すること」という夢があります。

 

スウェーデン留学を経験して、

「どうやら私にはスウェーデン生活がとっても合うようだ」と感覚的に感じ、

この感覚はまるでZsa zsa zsu(ザーザーズー)

(※アメリカの人気ドラマSex and the cityで主人公のキャリーが口にしていた言葉)

そのもの。

 

Zsa zsa zsu(ザーザーズー)とは?

Comes from "Sex and the City", where Carrie describes it as the feeling you get when you meet someone you really really like. That sort of lovey, butterflies feeling when you just want to be with someone.

Urban Dictionary: zsa zsa zsu

 

言葉として上手く表現できないけど、

感覚的に好きなこと、ハマっていることってありますよね。

 

私にとってのそれが、スウェーデンなんだと思います。

人に説得させるだけの特別な理由があるわけではない。

だけど、自分が納得して譲れないものやことがある。

 

恋人だってそう。

この世界にはたーくさんの人がいて、

出会ったことのある人だなんてほんの少しだけれど

ある人を「運命の人」だと思って特別扱いする。

 

視野を広げれば選択肢は無数だけど、

自分の感覚に頼ってあるものを選択する。

 

「なんとなく好き」は、

シンプルだけど芯のある理由だと思う。

f:id:marika-styles13:20160718160214j:plain

だから、私は余計なことばかり考えて落ち込むことをやめて

自分が好きなことを好きなだけ追いかけ、大切にしようと決めました。

 

それはシンプルに生きることの本質だと思う。