足跡。

社会人の目線から思うこと・学ぶこと。

「幸せ」について考えてみた。

なんでも「やりたいこと」をやり通してきた学生時代から卒業し、

いまは「雇われ社会人」をやっている。

 

「自分が好きなように生きてきた」生活から

「自分の意見を押し殺して生きる」生活へとスイッチ。

 

「自由」が減っている今、

「自分の幸せ」を失わないために、考えてみた。

 

自分が「幸せ」だと思えるためにできることって?

f:id:marika-styles13:20160703144503j:plain

プライベートを充実させる。

 

人生の大半が仕事に費やす時間を占めてしまう。

自分の貴重な人生の大半が仕事に縛られてしまうのなら、

その「仕事」に誇りを持ち、楽しみを感じたい。

 

しかし、そういう気持ちを持って生きることがそう簡単ではない。

だから、仕事をしていない間の「プライベート」な時間を存分に充実させてみる。

 

友達とブランチに行って、ばか騒ぎするのもあり。

いつもとは環境の違うところに身を置いて、オシャレな写真を撮るのもあり。

一人で映画鑑賞したり、家でゆっくり映画やドラマを観るのもあり。

新しいことに挑戦すべく、趣味を見つけるのもあり。

 

仕事に全てを注ぐ人生もいいけれど、

私は「仕事」と「プライベート」な時間を両立していく生き方の方がいいと思う。

 

そんなプライベートな時間にも、多くのヒントが隠れていると思うから。

 

 

よく寝る。

 

寝る間を惜しんで、勉強する。もしくは働く。

そういう選択肢をとって、成功してきた人も多いはず。

 

しかし、私は寝る間を惜しむデメリットの方が多いように感じる。

 

睡眠不足は、

・脳のリセットする時間を奪う。

・継続性がない。

 

起きている間に全力で仕事に向き合って、

夜は12時を過ぎる前にさっと寝たほうがよほど生産性が高いと思う。

 

 

朝を制する。

 

これは私の2016年の目標でもありますが、

早起きは心身に好影響を与える。

 

早朝には誰にも邪魔されることなく、

静かな環境で考えをまとめたり、読書や勉強に時間を費やせるから

集中力がぐっと上がる。

 

午前中でばっとタスクを済ませて、

夕方に向かって仕事量を減らしていけたら充実度は増すでしょう。

 

 

笑顔でいる時間を増やす。

 

理不尽なことに囲まれていると、

イライラしたり、笑顔の数が減ってしまいますが、

やっぱり笑顔でいる人は本当に魅力的!!

 

困難や試練が訪れても、笑顔で危機を乗り越えられる強さと精神力が

人を強く、笑顔にするんだと思います。

 

 

感謝する。

 

私が茶道を始めてから特に感じていることは、

「清める」「感謝する」を大切にすること。

 

先生はいつも「落ち着いて、丁寧に行動しなさい」

「一つ一つに感謝の気持ち持ちなさい」と言います。

 

それは日々の生活でもそう。

 

この世には多くのものであふれているけれど、

それは当たり前ではない。

 

周りにいる人やモノすべてに感謝をし、愛する心をもつ。

 

そういう気持ちがあれば、イライラすることも減るんだと思う。

 

 

これは最近の私が意識していることと、

「幸せ」を感じるためのポイント。