読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marika仕事録

社会人一年目の私が思う「お仕事」の足跡。

最高の物語を作るための私録。

社会人になった日から、毎日日記をつけています。1日に書く文量はたったの5行。

 

24時間にあったことを要約するように書き留めます。

 

1日の大半が仕事を占めているためか、内容は仕事のことが主。その日にあった面白かったネタとか、仕事をしながら「ここはこう改善するべきなのに」とか「こんな理不尽なことある?と率直に思うことをつらつらと述べています。

 

自分だけの世界だから、本音になれる。思ったこと、感じたことを容赦なく赤裸々に書き残せる。

 

きっといまの私の吐け口になっているんだと思う。

 

そして、「いまはキツくてもそれがいつか糧となり、自分のキャリアを成長させていくための種なんだと思う」と現状を受け止められます。

 

この日記は、今後自分に困難が降りかかった時に自分自身を奮い立たせてくれるはず。「あの時、これを乗り越えたんだから、この波も乗り越えられるはず」だと勇気を持たせてくれる材料になるはず。

 

私は、自分だけが持つ私なりの感覚や感性が大好き。

こいつらだけは信じられる。

 

日々の生活を記録して、記録を記憶にシフトしていく。

 

この一冊のノートを終えた時、最高の物語になりそうだ!!

 

今日も1日頑張るぞ!

皆さんにとってもステキな1日になりますように!