足跡。

社会人の目線から思うこと・学ぶこと。

イギリスのEU離脱がもたらす影響について整理してみた。

先日のイギリス国民投票で、イギリスのEU離脱が僅差で確定しましたね。

最後の最後まで、結果が分からなかった国民投票だったからこそ

これからのイギリス内政の雲行きが怪しくなりそうな予感。

 

今回の投票では、若者の「残留派」と年配の「離脱派」とくっきり分かれたよう。

結果的に、イギリスの離脱となってしまった今回の投票で、

イギリスが今後どうなっていくのか、自分の脳内整理のためにも

まとめてみました。

f:id:marika-styles13:20160626223746j:plain

イギリスがEU離脱に至った理由。

 

移民・難民の受け入れ問題

 

ヨーロッパはEUという大きな組織により、国家間の行き来がしやすくなっています。

加盟国は原則、「難民の受け入れを拒否」することができず、

誰もが住みやすい国を目指しています。

 

しかし、そのせいで

移民・難民が暮らしていくための手当てにかける税が国民に重くのしかかり、

・イギリス人の失業者が増加し、

・多種多様な民族が共存しているため、イギリスの伝統や文化が薄れ、

・犯罪やホームレスなど治安の悪化

に繋がり、社会問題となっていました。

 

そこで、イギリスは「移民・難民」の受け入れを規制するために、

EU離脱に踏み切ったというのが真意です。

 

しかし、EUを離脱してしまうと、

EUという大きな組織の一員から小さな国家へと独立するため、

「イギリス」という大国としてのプライドが低下し、

国のお金である「ポンド」が世界で低価値となってしまいます。

 

そうなると、イギリスが外国の商品やサービスを購入しようとしても、

イギリス人はこれまで以上に多くの「ポンド」を支払わないといけなくなるので、

国民の購買力が落ちます。

 

購買力が低下するということは、市場でお金が回らなくなり、

生産した商品も売れず、在庫として残ってしまいます。

 

そうなると、イギリスのみならず、EUは経済の悪化になることは

目に見えています。

 

それに、経済に打撃を与えるのは、EUのみならず、

少なくともイギリス市場に介入していた日本も対象となります。

 

これまで多くの取引を交わしていた

イギリス国民の財布の紐が締まるということは、

日本にとってヨーロッパへの輸出量が縮小することを意味しています。

 

ざっくりアバウトにまとめましたが、

今回の国民投票は世界が注目し、大きな影響を与えるものだったことは

言うまでもありません。

 

再投票を多くの国民が訴えているようですが、

今後の展開が非常に気になるところです。