読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marika仕事録

社会人一年目の私が思う「お仕事」の足跡。

プレスリリースとは。なぜ、活用すべきなのか。

キャリア 働き方 新社会人 生産性向上 記録 仕事術 論理的思考 ロジカルシンキング ビジネス

先日、初めて社外の方と打ち合わせをしてきました。

「打ち合わせ」と言うよりは、「相談」ですね。

 

現在私たちが取り掛かっているプロジェクトの公式始動が2週間後に控えているということで、顧客獲得のためにプレスリリースを打ち出そうということになりました。

 

このミッションを課された私は、まずメンバーでプレスリリースを作成し、社内で確認してもらったのち、プレスリリースの経験値の高い社外の方へ相談、という経緯にあります。

 

その相談で収穫したことと、そこから自分で学習したこと。

f:id:marika-styles13:20160504222627j:plain

そもそも「プレスリリース」とは?

 

プレスー報道機関

リリースー発表、公表

 

つまり、自社の情報を媒体にニュースや記事として取り上げてもらうことを目的とした、情報発信のこと

 

新聞には何が記載されている?

 

大きく分けて2種類。

①記事

②広告

 

記事(プレスリリース)のメリット・デメリットは?

 

メリット

・自社から直接届けることのできない、媒体の受け手にリーチ可能。

・信頼性が高い。

・低コスト。

 

デメリット

・こちらからプレスリリースを投げかけても、掲載の保証がない。

・記事内容のコントロールができない。

 

プレスリリースを発信する際のポイントは?

 

「その内容の何がニュースなのか?」=「ニュースバリューがあるか?」

「記者がその内容を記事にする価値があるか?」

を考える。

 

社会的で客観的な視点から、最終的に辿り着く「消費者に価値があるかどうか」を検証する。

f:id:marika-styles13:20160504222534j:plain

また、プレスリリースはのちに社会に出回る初めの一歩。

つまり、公式な文書であることを自覚して、嘘、偽りのない事実だけを淡々と述べる

 

書き方のポイントは?

 

・読み手が一瞬で「これは面白い!」と魅力を感じるタイトルをつける。

・伝えたいことを冒頭に持ってくる。

・専門用語は避ける。

・具体的な数値で示す。

・記事にしたいと思ってくれた記者のために問い合わせを明記する。

 

学生時代に、プレスリリースが何度か経験したことがありましたが、思い返せば「そういったことを考えずに」情報発信していました。

 

あのとき、一回で5社が取材に来てくれたことは「学生」という特権があったからなのだろうか?

 

社会に出て、「ロジカルシンキング」が自分にはまだ足りていないことを痛感しています。ただ、これを鍛えれば、自分の可能性はまだまだ広がるんだと思うと、モチベが挙がります!(なんて楽観的なんだ!!(笑))

f:id:marika-styles13:20160504222557p:plain